クレジットカード現金化を自分で行うとカード会社にバレるリスクがある

クレジットカード現金化を行う際に、換金率を最大にしようと考えて自分で行う選択をする人が少なくありません。
しかし、クレジットカード現金化は合法的な取引方法であっても、クレジットカード会社の利用規約では明確に禁止されているのでバレたら利用規約違反で利用停止措置となっても文句を言えません。
クレジットカード会社はクレジットカードの不正利用に対して監視を強化しており、クレジットカード現金化についても独自の監視システムにより全ての取引から不自然な決済を自動的に抽出しています。
クレジットカードを使って新幹線の回数券を購入して金券ショップへ持ち込みすれば、90%近い換金率を実現できることは確かです。
しかし、クレジットカード会社は新幹線回数券について換金目的での利用が行われていないか、リアルタイムで監視を行っています。
1人で使い切れないほどの新幹線回数券を購入していたら不自然な取引として、目視確認対象となります。
システム監視ではクレジットカード現金化がバレていなくても、ベテラン担当者の目視確認では現金化の事実を突き止められてしまいます。