クレジットカード現金化に失敗すると利用停止措置の対象となりかねない

クレジットカード現金化にもし失敗した場合には、クレジットカードが利用停止措置と強制解約処分を受ける可能性があります。
クレジットカードは商品購入を行うためにショッピング枠が設けられていますが、換金目的での決済は利用規約により日本国内で発行された全てのクレジットカードで禁止されています。
クレジットカード会社は常にクレジットカードが不正利用されていないか、独自のアルゴリズムを使ったシステム監視を続けているわけです。
そこで、クレジットカード現金化を行う際には、いざという時に言い訳しやすい取引方法を使ってクレジットカード現金化業者経由で現金化を行う方法が望ましいです。
実際にクレジットカードが利用停止措置となった場合であっても、クレジットカード会社へすぐに電話連絡を行い釈明次第では利用停止措置が解除となることは珍しくありません。
クレジットカード現金化業者の中でも安全性が高いキャッシュバック方式ならば、購入した商品を自宅で受け取った配達証明があるからこそクレジットカード現金化に失敗しても相手に騙されただけと主張できるわけです。